このブログと自己紹介

自己紹介

はじめまして、 りょう と言います!

京都府生まれで1990年生まれ

薬剤師資格を持っており調剤薬局で働いてます。

資格:薬剤師、ファイナンシャルプランナー2級、甲種危険物取扱者

趣味:ゲーム、アニメ、日向坂46、旅行、プログラミング

副業や投資、貯金で20代で2000万円の資産形成。

会社がしんどくてブログで知り得た知識を発信したいと思い始めてみました。

薬剤師になった理由

特になにも考えていなかった高校時代に新聞で薬剤師がいいという記事に出会う。
友達に何げなく「俺、薬剤師になるわ」というと友達は目を輝かせて俺も薬剤師になりたいと言われる。
その目の輝きを裏切ることができず、一緒に薬学部に入学。

つまり

大きな目標もなく薬学部にはいってしまった

薬学部に入ったときに厚生労働省のお偉いさんが講演会をしていました。

その人は

「多くの大学生は大学に入り今後の進路を決めるが、君たちはもうすでに薬剤師になるという進路を決めている。すばらしい」と言っていた。

いや、友達に誘われて入学したんだが...

先が思いやられる6年間の始まりです

ただ、勉強は割と好きなほうであったため、薬の効く仕組みや体の仕組みなど専門的な知識が勉強できて充実したキャンパスライフを過ごしました。

特に学業も問題なく第100回薬剤師国家試験合格。

薬ゼミという予備校のサイトで自己採点できるのですが、そこに登録している全国の受験者のトップ10の成績でした。(これだけしか自慢できることないので書いときます。)

卒業ということは就職です。

調剤薬局で働いた5年間

なんとなくで薬学部に入ったのですが、そもそも田舎育ちということもあり、診療所で処方箋ももらったことがないし、薬剤師の存在も知らなかったです。

薬学部に入って一年生で薬剤師とはなんぞやを学ぶ上で気づいたこと。

めっちゃコミュ力いるやん!!

接客しないといけない一般的な薬剤師にはなりたくないなと思い、いろいろ考えていた時に公務員の食品衛生監視員や科捜研職員という仕事を発見。受験することにしました。

科捜研は三次試験まであり、二次までは受かったのですが、三次は大学院生じゃないと厳しい口頭試問でした。全然わからなくて面接官に逆質問してました。

次に受けたのが食品衛生監視員です。これは二次試験まであり、一次は筆記試験で受かりましたが二次が面接でした。僕、陰キャなんでてんぱって落ちました。

仕方なく、地元で仕事探すことに。

行きたくなかった調剤薬局に行くことに...

でも入ってみて学ぶことは多かったです。薬のこと、在宅医療のこと、患者さんのこと、病気のこと。管理薬剤師も2年目から経験してエリアマネージャーももうすぐのところまで行きました。

店舗によっては優しいパートさんがいたり、若い子や栄養士もいるので楽しくお話もできる。給料も別に不満はない。でもその仕事をやめました。

ブログを始めたきっかけ

仕事を辞めた理由はとりあえずしんどかったからです。今までの経験から人生なめてるし、ゆとりだからといわれるかもしれません。でもつらかった。

新人で入った初日から残業が発生しました。帰れなかったですね。また久しぶりの新人だったからか皆さん僕に仕事押しつけて帰るので入社3か月ごろから23時退社が増えていきました。

夜診終わりで僕ともう一人の薬剤師が残っていました。明日のために一包化の調剤してといわれ、監査はするからとのことでした。重い処方だったので爪がはがれましたが継続するように言われ、終わったら監査は明日します、私は薬歴書けたので帰りますと言われました。僕はまだまだ薬歴が残っているので作業して24時回りました。

一度その店舗を離れていたのですが管理薬剤師として戻され、また大変な日々を過ごしました。

ひどいときは毎日が億劫で吐き気もしますし、お腹もずっと痛かったです。

こんな状況だと体がもたない

そんな時にフリーランスという言葉を知りました。薬剤師でもフリーランスになれるのかな?フリーランスまではいかなくても自由な働き方ができないだろうか?

いろいろ考えていくうちに自由な働き方にあこがれを持ち、そして行動したいと思うようになりました。

そういう働き方については私は素人ですが素人ながら様々なことに挑戦しています。

そしてその知識や経験を僕のようにしんどいと思っている人や薬剤師で自由な働き方に興味がある人に向けて発信していきたいと思いブログを開設しました。

2019年11月28日

Copyright© 薬剤師のりょうぶろぐ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.