薬のお役立ち情報

[薬剤師が教える]脇汗を止めるのにおすすめな方法

2020年6月18日

脇汗がとまらない...
冬場でも出続ける...
どうにかならないの?

どうも、りょうです。

脇汗の悩みを持たれている人は意外に多いですよね。

私自身も急に多汗症を発症して脇汗だけがとまらない症状になったことがあります。

薬剤師ですので知識や経験からお話ししていきます

お役に立てると光栄です。

脇汗が出る原因

脇汗が出る原因としては感染症、内分泌代謝異常や神経疾患が挙げられます。

つまり、身体的なもの精神的なものがあります。

汗以外にも体調に異常がある場合にはまずは医療機関への受診を推奨します。原因をとることで汗も治まるからです。

では、汗だけが出すぎる場合はどうすればよいかのでしょうか。

実は私がこれに当たります。仕事のプレッシャーから脇汗だけ滝のようにたれていました。

まずは制汗剤を試そう

まずは市販の制汗剤を試してみましょう。

スプレータイプや液体タイプなど様々なものが存在します。

おすすめは固形タイプです。

液体タイプやスプレータイプではすぐに汗で流されてしまうからです。

もしこれでも汗が止まらない場合におすすめの商品があります。

救世主、オドレミン

この商品は日邦薬品が発売しているものになります。

塩化アルミニウムというものが主成分になります。こちらは病院でも多汗症治療に使われているものになります。

制汗剤にもこの塩化アルミニウムが含まれています。しかし濃度が少ないんです。これはその塩化アルミニウムだけしか含まれていないため効果が違います。

塩化アルミニウムの作用と注意点

塩化アルミニウムの作用として以下のものがあります。

  • 汗の原因である汗腺を委縮させる効果
  • 汗と反応して汗腺を閉じる効果

つまり、物理的に汗を抑えていきます。制汗剤よりも強力であり効果は顕著です。

使い始めて3日目から効果が出てきます。効果が出た時はうれしかったですね。

一方で問題点もあります。

  • 肌が弱いと赤みやかゆみが出る
  • 肌が張っている感覚になる

制汗剤よりも濃度が濃い分、皮膚が弱い人には刺激が強いです。

私も初めはかゆみが出ましたが数日続けることでなくなりましたのでひどくないなら続けて様子見るのが良いと思います。

腫れや痛みが出るようならすぐに中止してください。

使用方法

一日一回の使用で問題ありません。

入浴後清潔にした部位に塗るだけです。また、外出前でも効果ありますが暑い季節なら外出の30分前に塗ってもらえれば完璧です。

最初は毎日使用しますが徐々に間隔をあけても汗が出なくなります。本当に汗が出なくなるので最高です。

予備でたくさん備蓄してます。

購入方法

日邦薬品と契約している薬局限定です。以下サイトが扱っている薬局です。オドレミンを扱っているかは直接確認しないといけません。

近くにあればそちらで購入もよいですがない場合にはネットで発売していますよ。

オドレミンでも治まらないなら?

この場合は多汗症専門医院への受診しなければいけません。

治療としてはボツリヌス療法です。注射することで確実に汗が止まります。

しかし、保険外ですししばらくすると効果がなくなります。

効果はあるので治まらないときは受診ですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は汗の抑え方を書いてみました。

私自身、冬場なのに汗が止まらなくてつらかった経験があるので同じ経験をされている方にはぜひオドレミン使用してもらいたいです。

参考になると光栄です。

-薬のお役立ち情報

Copyright© 薬剤師のりょうぶろぐ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.