薬剤師働き方

薬剤師が転職して給料が上がるとは限りません!!

どうも、りょうです。

薬剤師はよく転職しやすい業種と言われています。

また、転職することで年収をアップさせることができるとも言われています。

しかし、転職によってかえって給料が下がる場合もあります。

この記事では以下のことがわかります。

  • 給料が下がる場合
  • 事前に給料について確認する
  • 辞める前に自分のスキルを見つめなおす

少しでも参考になれば幸いです。

給料が下がる場合

給料さがる

私は5年間調剤薬局で働き、別の調剤薬局に転職しました。

残業時間が多く、ライフワークバランスとは無縁でした。

新しい場所で心機一転頑張るうえで年収をアップしたいと考え、転職エージェントに相談しました。

以下により年収が下がる場合があることがわかりました。

  • 働く地域を変える場合
  • 前職で残業代が多かった場合
  • 前職が管理薬剤師だった場合

それぞれ見ていきます。

働く地域を変える場合

私は地方から都会に転職することにしました。

都会から地方の田舎に転職する場合には年収は上がる傾向にあります。

遠隔地で薬剤師が集まりにくい場所であれば、薬剤師を集めたいため高収入になるからです。

一方、地方から都会に転職する場合には年収が下がってしまいます。

場所によっては100万円ほどの差がでることもありますので注意が必要です。

年収をとるか、住みやすさをとるかで大きく変化するのです。

前職で残業代が多かった場合

今まで社畜として働いてきたのであまり感覚がなかったですが月40~50時間ほどの残業をしていました。

次に転職する場所は残業時間の少ない薬局を希望したところ30~40万円の年収ダウンが提示されました。

今まで残業代で稼いでいたので残業をなくせばその年収は妥当です。

自由を失う代わりにしっかり儲けていたんだと改めて思いました。

残業を減らしたくて転職する場合にはこのこともしっかり理解しておいた方がいいと感じました。

前職が管理薬剤師だった場合

転職に伴い次も管理薬剤師として採用になるとは限りません。

また、前職が残業等でしんどい思いがあったならすぐに管理薬剤師として採用されたいとも思いませんよね。

その場合は管理薬剤師手当分、少なくなってしまいます。

これは自分から望んで管理薬剤師は嫌だという場合はしかたないですが、今までもらっていた給料より少なくなると人は未練を感じるものです。

事前に収入が下がらないか確認する

わたしは仕事が嫌すぎて何も考えず、とりあえず辞めるという手段をとりました。

再就職のときにこのような年収が下がることもあることに初めて知りました。何も考えてなかった私が悪いんですが...

私の教訓としては現在働きながら、転職エージェントを利用することです。

コロナショックにより小規模の薬局は倒産を余儀なくされています。また、地域によっては薬剤師が十分足りている地域もあります。

診療報酬改定に伴い薬局は淘汰されていく時代でもあります。薬剤師だから採用される時代は徐々に終わりを迎えています。

辞めたいけどもう少し働けるという方はぜひ転職エージェントに登録して希望通りの薬局があるか、自分のスキルを伸ばせる薬局はあるか、年収を上げることはできるかなど様々な質問をして今よりももっと良い場所に転職できるか検討してみましょう。

転職エージェントは無料で登録できますし、エージェントとしても転職成功して長く働いてもらう方がメリットですのでしっかり対応してくれますよ。

以下はおすすめの転職サイトです。すべて無料で登録できますので参考にどうぞ

薬剤師専門の転職支援サイト マイナビ薬剤師≪登録無料≫

ドラッグストアや企業の求人が多いのが特徴です。有名どころなので調剤薬局も豊富です。

薬キャリ

調剤薬局の求人が多いのが特徴です。あとは病院の求人も豊富です。

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

調剤併設型ドラッグストアの求人が多いのが特徴です。また他職種を視野に入れた転職が好評です。

ファルマスタッフ

派遣薬剤師の求人大手です。高時給の求人が特徴。

辞める前に自分のスキルを見つめなおす

辞める前に自分がどのようなスキルがあるかまとめてみましょう。

薬剤師免許があるから採用される時代はいつか終わります。なので、面接時にしっかりと自慢できるスキルがあるか確認することは大事です。

あまりないようなら今の仕事の中で目標を定め、そのスキルを習得した段階で辞めてもいいと思います。

ただ、辞めないと本当につらい場合はありますのでそんな時は無理せず転職を考えましょう。

まとめ

今回は薬剤師が転職しても年収が上がらない場合があるという話でした。

何も考えずとりあえずやめたりするとこういうこともあるんですね。すごい教訓になりました。

また、新卒時から残業ばかりで社畜脳になってたので残業代で稼いでいるという認識がなかったです。

年収が下がってもライフワークバランスの方が私は大事だと思いますが、ちょっとショックではありました。

少しでも参考になれば幸いです。

-薬剤師働き方

Copyright© 薬剤師のりょうぶろぐ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.