薬剤師副業

[薬剤師必見]不労所得を手に入れる方法とは

2020年6月30日

薬剤師で不労所得は可能?
不労所得を手に入れるにはどんなものがあるの?

どうも、りょうです。

今回はこんな質問に答えていきます。

働いているお金だけじゃなくて副収入としてお金が入ってきたら嬉しいですよね。
また、自動で入ってくるお金だけで生活できないかなと一度は思い描く人も多いと思います。

この記事では以下のことがわかります。

  • 不労所得を獲得する方法
  • 不労所得のみで生活する方法
  • 不労所得は可能だが地道

少しでも参考になれば幸いです。

不労所得を実現するには

不労所得画像

不労所得は文字の通り働かずしてお金を得ることです。

不労所得によって生活している人もいますし、生活が潤う程度に儲けている人もいます。

では不労所得を実現する方法としてどんなものが考えられるでしょうか。

いろいろあるので見ていきましょう。

国債・定期預金

国債とは国に対してお金を貸し、その利息を得ることができる投資商品です。

定期預金も同じで銀行にお金を貸し、その利息を得ることができます。

お金を預けておくだけで勝手にお金が増えていきます。これもしっかりとした不労所得です。

ただ、満期まで預けることで原本割れの心配はないですが利息はそこまで高くありません。

この利息だけで生活はできませんが、満期まで引き出せないので貯金という意味では最高です。

私が定期預金を行った記事があります。

[薬剤師]20代で貯金2000万円いけましたよって話

20代で2000万円の貯蓄とかいけんの? どういう人がそんなに持ってるの? どうも、りょうです。 今回はこんな質問に答えていきます。 20代で貯金2000万円あこがれますよね。お金はあればあるだけいい ...

不動産投資

不動産投資とはマンションやアパート、一戸建てを購入して売買したり、貸し出すことで家賃収入を得ることが可能です。

特に不労所得の場合には家賃収入が入ってくることが大きく不労所得の代表格です。

しかし、不動産を購入するための初期投資に費用がかかりすぎるため高難易度ですね。

次にREIT(リート)というものです。

REITは不動産投資信託で、プロにお金を預けそのお金でマンションや商業施設を建設、購入します。

そこから得られた家賃、テナント料を投資した人に分配する投資商品です。

こちらは数万円前後から投資できるため比較的始めやすいです。

株式投資

株式投資における不労所得としては配当金があります。

企業によって配当金がある場合があります。その会社の株を持っているだけで基本年2回お金が入ってきます。

例えば武田薬品工業株式会社の配当金は令和2年現在、1株180円です。

最小株数100株からの購入が可能なため、持っているだけで毎年18000円入ってきます。(税金で約20%持っていかれます...)

年間5万円を実現するなら300株持っていれば実現可能です。

注意しないといけないこととして株自体の値段が変動することが挙げられます。

コロナショック、リーマンショックのような世界的な株価下落時に購入できれば良いですがそうでない場合に購入してしまうと株自体の値段が下がりむしろ赤字にあることもあります。

youtubeやブログ

youtubeやブログは頑張った分報酬が得られるものです。

まず、youtubeですが動画投稿をしていけばその動画を見てもらえることでお金が入ってきます。

ずっと前に投稿した動画も見られることでずっとお金が入ってくるのは素敵ですね。

またブログは広告を貼りそれが成約された場合に収益が発生します。

どちらも一度収益が出始めることができればそれは財産となります。

不労所得とは違いずっと働かないといけないですし、なによりある程度続ける気力とセンスがないと厳しいですが成功すればそれだけで生活できます

ブログ開設の記事があります。

[薬剤師おすすめ]ブログの始め方

ブログ始めてみようと思うけどどうやってブログ開設すればいいんだ?ブログって稼げたりするのかな? どうも、りょうです。 今回はこういった疑問に答えていこうと思います。薬剤師と書いていますが私が薬剤師だか ...

iDeCo(イデコ)

ideco(イデコ)とは老後資産のために資産運用行う投資商品です。

メリットは、投資した金額を毎年の所得から控除でき節税になるという点です。

毎月かける金額に応じで控除されます。

また掛け金を金融商品に割り振れるため投資信託のようにお金を増やすことも可能です。

老後の資金として増えていきますし控除もされるため会社員であればデメリットは特にありません。

ただ、60歳まで引き落とすことができないため、不労所得で生活は無理です。

投資信託

投資信託はプロの投資家に任せることで株の売買を行ってくれます。

株の売買を始める場合にはなかなか初心者には難しいこともプロがやってくれます。

特に不労所得としてお勧めなものとしてアメリカ株によるETFがあります。

ETFとは、株価や金などの指数に連動する(インデックス型)投資信託の一種です。

アメリカの株価の指数としてS&P500というものがあります。

これはアマゾンやアップルといったアメリカを代表する流動性がある大型株から選ばれた500銘柄で構成されたものです。

アメリカ社会は常に成長しており右肩上がりです。

配当金も高いものもあり、また年4回の配当受け取りが可能です。

不労所得で生活する中の筆頭ですね。

不労所得のみで生活する方法

不労所得を手に入れるには色々な方法があることがわかりました。

ただ、皆さんの想像する不労所得はおそらく不労所得だけで生活することなのではないでしょうか。

ここからは比較的実現可能な配当金と投資信託でどのようにすればよいか見ていきましょう。

株式投資(配当金)の場合

株式投資では重要なことは配当利回りがよい企業に投資することです。

例えば、先ほど挙げた武田薬品工業株式会社の場合では、令和2年6月30日の株価が約4000円。
これに対して配当金は1株180円です。

かぶれん引用

上の計算式に当てはめると配当利回りは4.5%ですね。

毎月20万円を実現するためには約5340万円必要です。

次に、日本たばこ産業株式会社(JT)の場合では、令和2年6月30日の株価が約2000円。
これに対して配当金は1株154円です。

配当利回りは7.7%ですね。

毎月20万円を実現するためには約3120万円必要です。

いかがでしょうか。3000万円であればきびしいですが不可能ではないですよね。

今回紹介した2社は東証一部上場の大手企業です。そのため、株価の手動きも安定しておりおすすめです。

もっと配当利回りの良い企業もあるのでチェックしてそこの株を毎月購入していれば不労所得をゲットできます。

ただし、これは理論上の話であって一社しか購入していないとその会社が倒産した時や配当金を下げられたときに収入が減少します。

また、上のような株は買うのは厳しいですね。JTだと最小金額約20万円です。

投資信託(ETF)

アメリカのETFが最も安心でおすすめです。

アメリカは常に成長を続けており株価も右肩上がりです。

上のグラフはアメリカのS&P500です。

リーマンショックやコロナショックで下がったりはしていますが基本右肩上がりです。

上のグラフは日経平均株価です。

右肩上がりとは言えないですね。このことからもアメリカ株への投資の重要性がわかります。

投資信託で重要なことは様々な商品に分散投資することです。

投資信託は1商品内に様々な株があり、それを分散投資することでリスク分散が可能です。

またアメリカETFは商品自体の値段も上がったり、配当金が毎年増えたりと不労所得向けと言えます。

地道に積み重ねることが近道

不労所得を獲得するには証券会社で口座を開設し毎月、株や投資信託を買うことが最も手っ取り早いです。

ただ、見てきた通りそれを実現するには地道に投資することが一番であり何十年とかかることです。

元金があればあるほど不労所得で生活を実現するのには最適です。

そのためにも普段の薬剤師の仕事での稼ぐを増やしたり、副業を始めることが大事です。

ブログやyoutube、投資や副業を行い少しでも日々の収益を上げるのが良いですね。

まとめ

今回は薬剤師が不労所得を獲得する方法としてまとめました。

不労所得を獲得するなら定期預金でも可能ですが、不労所得だけで生活は憧れますよね。

そんな方にぜひ投資を始めてみることをお勧めします。まずはやってみてもらったらこんなに増えるのかと驚きが出ますよ

少しでも参考になれば幸いです。

-薬剤師副業

Copyright© 薬剤師のりょうぶろぐ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.