薬剤師

[電子処方箋]マイナンバーにより処方箋の違和感が解消!

2020年6月24日

どうも、りょうです。

私は薬剤師として日々処方箋を受け取っています。

ただ、これについていつも違和感に思っていました。

電子薬歴、電子カルテ、調剤マシーン...

いろんなものが進歩しているのに処方箋だけ紙

そんな処方箋もついに電子化されることになります。

この記事では以下のことがわかります。

  • 処方箋が紙であるメリットって?
  • 電子処方箋が導入
  • 電子処方箋になることによる疑問点
  • 今後も紙処方箋は活躍するか

それぞれ見ていきましょう。

処方箋が紙であるメリットって?

皆さんも病院で処方箋を受け取ったことがあると思います。

その時にどんなメリットがあると感じますか?

    患者側メリット

  • 薬に詳しいなら内容を見れる

    薬局側メリット

  • FAXにて先に受付することで準備の参考にできる
  • 遠い病院でも郵送にて対応できる

薬をネットで良く調べているという人ならどういう薬か理解している人もいます。でも多くの人は特にメリットはないのではないかと思います。

薬剤師として薬局で働いてきましたが薬局側としてもメリットは少ないように感じます。

逆に薬局として紙の処方箋のデメリットには以下のものがあります。

  • 薬局での処方箋入力時のミス
  • 雨などで汚れる
  • 偽造される
  • 処方箋を持ってくるのを忘れる
  • 医師名の押印忘れ
  • 他科受診ごとにいる

デメリットの方が非常に多いですね。

私は2015年新卒で薬局で働くようになってからずっと処方箋が紙である必要があるのかという疑問を抱いていました。保険証にIDカードとして導入できないかなど想像していました。

最近知ったのですが、エストニアという国ではすでに処方箋はIDカード内に情報として入れておき、薬局でその情報を読み取るということが行われているようです。

もうすでに電子処方箋として利用されている国があることに驚きです。

そのため、日本としても電子処方箋が来ないかとずっと考えていました。

2022年度から日本でも電子処方箋導入

実は2022年度から日本でも電子処方箋が導入されていきます。

電子処方箋はマイナンバーカードに処方箋の情報を一元管理できるシステムです。

マイナンバーカードは2021年3月から健康保険証として運用を始めるのを見計らってのようですね。

これにより紙による処方箋のデメリットが解消されます。特に以下の4点が大きいと思います

  • 薬局での処方箋入力ミスがなくなる
  • 受診している病院の一元管理ができる
  • 偽造されにくい
  • 処方箋を持ってくるのを忘れにくい

メリット① 薬局での処方箋入力ミスがなくなる

薬局では処方箋を受け取った後に、パソコン上に処方されている薬を入力する作業があります。

しかし、この入力作業時にミスが起こることもあります。

入力をミスすると薬の数や種類を間違うこともありますし、請求するお金も変わってきてしまいます。

この点、電子処方箋であればすでに情報が入っているため読み込むだけで済みます。

薬局、患者両方にメリットがあると思います。

メリット② 受診している病院の一元管理ができる

常に持っていてほしいものにおくすり手帳というものがあります。今までに飲んだことのある薬や副作用歴の情報をまとめるものです。

冊子タイプやアプリと様々な媒体がありますが統一されていません。そのため、患者としても薬局としても使いやすいかといわれると疑問でした。

また、ずっと持ち運んでいるかというとそうでない人も多いと思います。

そういった問題も電子処方箋になることですぐに確認できるようになります。

どこの診療所、病院に行ってもマイナンバーカードによる一括管理ができるため何を飲んでいたかわざわざ覚えておく必要もありません。

どういう形になるかはわかりませんが、薬局側から副作用歴を記入できれば医師もそれを確認できるので連携も取りやすいですね。

メリット③ 偽造されにくい

薬局で働いているとごくまれに偽造処方箋が来ることがあります。

向精神薬など処方に日数制限があるものは多く欲しい、高く売れるという理由で偽造されます。

電子処方箋であれば素人では偽造は困難です。

ただ、悪い人は偽造してくると思うので注意しないといけないポイントではあります。

メリット④ 処方箋を持ってくるのを忘れにくい

いったん家に帰り処方箋を置き忘れてくる人は多くいます。

電子処方箋になっても忘れる人はいると思いますが、保険証としても利用できるため少なくなるかなと思っています。

また保険証確認した後、ごくまれに返し忘れが発生することがあります。それも今後は解消されるかなと思います。

電子処方箋になることによる疑問点

電子処方箋に代わることで今までの紙の処方箋で行っていたこととの違いが生じます。

これどうなるんだろうと思う疑問が出ると思います。

厚生労働省の電子処方箋の運用ガイドラインを参考にまとめてみました。

処方箋への記名押印又は署名

紙の処方箋ではハンコを押していました。

電子処方箋ではHPKI(保健医療福祉分野の公開鍵基盤:Healthcare Public Key Infrastructure)というものを活用した電子署名を活用するようです。

このHPKIは国家資格を電子的に確認できるようで専門職間で電子化された医療情報等の文書を安全にやりとりするには最適とのことです。

またタイムスタンプも押されるとのことで改変が行われないような仕様だそうです。

電子おくすり手帳との連携

電子処方箋になることで医療機関は薬の情報などを一元管理できます。

この点は患者にも同じで、電子おくすり手帳をもっておられる場合にはデータをおくすり手帳に送ることができるようです。

今後も紙の処方箋が活躍するか?

電子処方箋が導入されれば急速に広がっていきます。

ただ、紙の処方箋にしかできなかったことがあるのは事実です。

メリットとして説明したように、FAXとして先に受け取り参考にするということです。

また多くの処方箋をFAXで受け取っていた薬局にとっては紙のため可視化しやすく、患者ごとに調剤業務ができました。

電子処方箋では、電子処方箋管理サービスというものを使用して病院から発行されるアクセスコードと確認番号により処方箋情報を確認できる仕組みが取られるようです。このため、遠隔地からの処方箋受け取りも可能になる一方で1画面1患者しか確認できないなど様々なデメリットが考えられますね。

ただ、電子処方箋管理サービスが災害時など停止した場合には紙の処方箋で対応するようです。

未来では「紙の処方箋初めて見た」という薬剤師がいるんでしょうね。

まとめ

今回は2022年度より導入予定の電子処方箋について薬剤師の観点からお話ししました。

患者としては結局は薬局に持ってこないといけないので表面上は特に変わらないようにも見えますが、薬局内としてスマートに対応できるようになるためミスが減少します。そのため患者にも利益はあるのかなと考えています。

薬局はIT技術が遅れているのでまずは薬剤師のITに対する知識の方が先に問われるかもしれないですね。

-薬剤師

Copyright© 薬剤師のりょうぶろぐ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.